セックステクニックに自信がない男性の選ぶべきターゲットとは

セフレというのはお互いがセックスを楽しむために持つ関係ですから、セックスのテクニックに自信がない人は自分でもセフレを作ることができるのだろうかと考えてしまうかもしれませんね。
特に出会い系アプリを使ってはじめてセフレを作る場合などには、自分なんて相手にされないんじゃないかなどと思うこともあるでしょう。
セフレ女性はやはりセックスをして気持ちよくなりたいと思っているので、セックステクニックがうまくないのはデメリットになる可能性は大きいといえます。
しかし、セックステクニックがうまくなくても相手を選ぶことでマイナス要因が解消されるどころかプラスになることもあり得るのです。
その相手とはどんな人物かというと、年上の女性です。
女性というのはそもそも誰もが多かれ少なかれ「母性本能」を持っており、特に年下の男性となるとそれを強く感じてしまいます。
したがって、セックステクニックがなくても却ってそのほうが相手に自分が何とかしてあげたい、私が教えてあげなければ、という気持ちにさせるものなのです。
また、年上の女性はセックスの経験も多いので年下の男性に教えるといった「楽しみ」もあるのです。
年上の女性にとっても年下の男性とセックスをすることで女性ホルモンの分泌が促される上に気分的にも若返ることができるという肉体的・精神的なメリットもあります。
男性の中には年上の女性と付き合うことに抵抗を覚える人もいるかもしれません。
けれども、最近は「美魔女」という言葉が表すように実際の年齢よりもはるかに美しさやスタイルを保っている人も少なくありません。
そんな女性なら、少々年齢差があってもセフレとして十分魅力的といえるでしょう。

若い女性をセフレに選ぶのもいいけれども…

出会い系アプリを利用してセフレを作る際に、若い女性をセフレにしたいと思っている男性も多いことでしょう。
もちろんそれが悪いとはいいませんが、もっと確実にセフレを作りたいのであれば若い女性をターゲットにするのはあまりおススメできないのです。
なぜなら、出会い系サイトやアプリにおいて若い女性というのは非常に貴重で人気があるからです。
つまりライバルも多く、アプローチをしても選んでもらえるチャンスがかなり少ないといえます。
もし選んでもらえたとしても、ムダにお金を使うことにもなりかねません。
本来セフレというのはセックスをするのに対してお金は介入してこないものです。
けれども、若い女性に好かれたい、嫌われたくないとラブホではなくシティホテルを利用してみたり食事やお酒を飲みに連れて行ったり、中にはプレゼントを贈ったりお小遣いをあげたりしているケースも見られるようです。
また、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性がある点も挙げられます。
最近の若い女性はお化粧も上手ですし、おしゃれです。
しかしこれが注意を要する点なのです。
18歳未満の女の子でも、ちょっとお化粧をして大人っぽい服装をすれば20歳以上に見えてしまうでしょう。
でもそんな女の子と関係を持ったなら、未成年者保護育成条例に反したこととなり犯罪者となってしまうのです。
いくら相手が20歳と偽っていたとしても、そんな言い訳は通用しません。
また、行為の後で女の子が本当は18歳未満であることを明かして犯罪者になりたくなかったならお金を出せと恐喝してくるケースもあり得ます。
未成年者と関係を持ったために、社会的立場や信用、そして家庭までを失った人は少なくありません。
若い女性全てがNGというわけではありませんが、こういったトラブルになる可能性を持っていることは認識しておいたほうがいいでしょう。

セフレとデートをする場合の注意

やれるアプリを利用してセフレとの出会いを求めている人はたくさんいます。
セフレというのはお互いがセックスを楽しむために付き合う割り切った関係ですが、その付き合い方にルールや決まりがあるわけではありません。
恋愛感情や一般的な男女関係というのが面倒といった理由からセフレを作るという人もいれば、恋人は欲しいけれどもなかなか機会がないので性欲の解消のためにセフレと付き合っているという人もいます。
前者のような割り切った気持ちからセフレと付き合うのであればお茶を飲んだり食事をしたりお酒を飲んだりといったものは不要でしょうから、会えばそのままホテルへ直行でも問題ありません。
恋人が欲しいけれども…という後者なら、セフレとの「疑似恋愛」を楽しむためにも一緒に遊びに行ったり映画を見たりといった一般的なデートをするのも楽しいでしょう。
また結婚している人なら、セフレと会っているところを人に見られるのはマズいので絶対にデートなどせずにホテルでしか会わないということもあります。
このようにセフレと付き合う理由や状況はさまざまなので、セフレとどう付き合うかは本人たち次第ということなのです。
ただしデートという本来のセフレ関係の目的で求められていない行為は、思わぬ方向へと進むことがあることを認識しましょう。
特に「疑似恋愛」を楽しむためのデートもどきでは、それを繰り返しているうちに恋愛感情が生まれる可能性があります。
そもそもデートは恋人同士が楽しむものですしそこへ肉体関係が付属してくると、割り切った関係と思っていてもコントロールできない思いが生じても不思議はないのです。
セフレと付き合う際には、この点にも十分に注意を払わなければなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ